2011年04月04日

アッセンブリー教団離脱反対信者の訴状と偽り

  アッセンブリー教団離脱反対信者が村上密氏(前任牧師の娘婿であり、アッセンブリー京都教会牧師)を相談役代理人:関西教区の牧会倫理規定違反)にして起こした裁判。

  これは、教団総会において、この鳴尾教会問題の根本問題であった、鳴尾教会牧師と名張教会牧師との和解をしなければという動きがなされようとしている最中に提起されたものである。

  村上密氏は後に、教職宛に文書を送り「教団離脱の問題は解決に向かって行くような発表がされました。しかし、理事会の提案を山田博師が拒んだため、暗礁に乗り上げている」と記した。しかし実際はどうか、理事会よりの手紙や発言は1度もなく、主管者が交代されたと発表されてから約8ヶ月間(現在から数えると1年9ヶ月間)、1度も新主管者とされる細井教団理事長は、鳴尾教会に来たこともないし手紙もない。そのような状態で、何を山田は「拒んだ」というのか? 
 
  村上密氏はデマを語っている。村上密氏の「根拠を示さない」デマ文章はこれだけではない。これは誹謗中傷であり、やめていただきたい。

  さて、裁判を通し時間と労力と経済に著しく損害を受け、結局誰が得をしたかといえば、双方の弁護士だけと言う、言わば「当たられ損をした」鳴尾教会であるが、教団離脱反対信者は村上密氏を介してどんな訴えをしたのか、訴状の要約と筆者のコメントを記したい。(なお、この記事に関してはここだけの閲覧とし、一部分でもコピーして、他で公開する事を禁止する。)


 訴状 2009年11月9日(訴状の送達は11月26日) 要約とコメント

原告ら訴訟代理人(京都弁護士会)
  〒604-0986 京都市中京区丸太町通富小路東入る高山ビル
  弁護士 湖海 信成    TEL 075-222-0852

請求の趣旨

1.被告の平成21年4月5日に開催された臨時信徒総会(教会会議)の被包括の廃止に関する規則変更決議は無効であることを確認する。

2.訴訟費用は被告の負担とする。

請求原因

1.原告(26名)

  委任状出席信者 9名
  総会出席信者  10名
  総会欠席・委任状不提出信者 7名 (筆者コメント:2名は元々議決権なし)

2.総会決議

 本件事件は、全信徒数60名、総会出席者24名と委任状出席23名の出席合計47名の全会一致とされている。

3.本件決議の無効

(1)本件総会の招集通知は、同年3月22日付けで行われた。しかし、通知書に記載された本件総会の議事内容は「第1号議案 墓地購入に関する件」、「第2号議案 規則変更に関する件」と記載されているのみであった。

(2)出席した信徒らは、総会の場で、議案書が配布された結果、規則変更の内容として、被包括関係の廃止(教会規則3条の削除)が含まれている事をはじめて知った。
   (筆者コメント:これは嘘。 議案書の配布は前日で当日の朝には手渡され、総会前には読むことが出来た)

(3)従って、
  ア.前記の通り、事前に配布された議案書には「規則変更に関する件」と記載されたのみで、具体的内容は一切記載されていない。
   (筆者コメント:これも嘘。 これは議案書ではなく招集通知書) 

  イ.原告の委任状出席者(筆者挿入:9名)は、委任状作成時において、規則変更として被包括関係の廃止が含まれていることを知らず、従って、被包括関係の決議を委任した事はない。そうすると、委任状による決議分23票は、被包括関係の廃止に関する規則変更については本件決議の賛成票とはならない。
   (筆者コメント:提出した委任状を撤回しなかった者や、本件総会に先立ち委任状を提出していながら本件総会決議の効力を争っていない者が14名いる事を認識していない)

  ウ.原告の総会出席者(筆者挿入:10名)は、被包括関係廃止についての規則変更に関しては、

   その場で突然提案(筆者挿入:嘘)され、また、

   何故に被包括関係廃止に至ったのかの説明もなく(筆者挿入:嘘)、更に、

   包括教団(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団)を一方的に非難する発言がなされ(後に事実に反している事が判明した)(筆者挿入:嘘)、そのうえ、

   直ちに採決がとられた(筆者挿入:嘘)ため、やむなく反対し得なかった。しかし、

   詳細がわからないまま半ば強制的に採決を強行されたもの(筆者挿入:嘘)であって、

   重要な事項につき錯誤に陥ったままでなされた決議(筆者挿入:嘘)であり、

   同原告らの意思表示は無効である

 (筆者コメント:今回の裁判の争点で、訴えられた山田が、臨時信徒総会の録音したものを提出し、原告は上記の赤部分の訴えを立証できなかった。結果として裁判所は原告の訴えを棄却した。訴えに偽りがあったと言うことだ。)

(4)以上のとおり
  ア.本決議は、事前に示された事項以外の決議であるとの点で、本来的に無効である。

  イ.また、原告の委任状出席者を含む委任状出席者は、予め被包括廃止の議案が明示されていないままの委任であるから、賛成票に含めることはできない。そうすると、賛成票は、規則変更に必要な32票(出席47の2/3)以上を充足しないので、同規則改正が議決されたとすることはできない。よって、本件決議は無効である。

  ウ.更に、出席して一応賛成に加えられた票のうち、原告の総会出席者10名に関しては、前述のとおり、賛成票に投じたのは重要な要素に錯誤が存在したので、無効である。そうすると、この10票と委任状出席者のうち原告の委任状出席者9名の計19名が本件決議の無効を主張しており、出席教会議員の2/3(47名中32名)の賛成を充足しない。よって、本件決議は成立しておらず、無効である。
   (筆者コメント:裁判の途中で1名は賛成していないと主張が変わったが、裁判の始まった時点では、その1名も賛成票として原告は主張した。ここにも偽りがある。)


(5)よって、本件決議は無効であるので、請求の趣旨記載の裁判を求める。







posted by Naruo at 00:24| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。